Rowupdating gridview newvalues empty

04-Mar-2020 09:32 by 7 Comments

Rowupdating gridview newvalues empty

These events are raised before updating and deleting the record respectively.In our example we will illustrate the use of Updating event for the validation purpose.

We need to convert these Bound Fields to Template Fields.We check the value entered in the Text Box using args. Especially the following events are important for validation point of view.Out of these events Row Updating and Row Deleting are possibly the most common ones. Routing このプログラムを記述するにあたっては、Query String Parameterクラスの実装を参考にしました。 次にweb.configのsystem.web/pages/controls要素に以下の通りに追加します。 この記事は その1 その2 その3 の記事を見ていることを前提にしています。 その3の記事とほとんど同じように見えるので、どこが違うのか注意して読んでください。 Route Value expressionはRoute Dataをaspxページ内で定義されたコントロールに渡す手段を提供します。 web.configのsystem.web/compilation/expression Builders要素に以下を追加します。 そして、新しいクラスとしてRoute Value Expression Builder.csファイルを追加します。 このファイルには以下のプログラムを記述します。 using System; using System. Page ——————————————————————————————————————- これでDefault2.aspxを動かすと、検証機能が正しく動作することがわかります。 検証ルールは一箇所に書いてあるだけなのに、Default.aspx、Default2.aspxの2つのページで同じ検証が実行されます。 Grid ViewやDetails ViewにValidationコントローラを埋め込む作業も要りません。 うまく使えると便利な機能なんじゃないでしょうか。 このサンプルを動作させてみるとわかりますが、実はエラーチェックの実行順序等に癖(といっていいのかな?)があり、広く一般に使ってもらうサイトには向かないかもしれません。 ただ、イントラネット内で動作させるプログラムを作るといった限定的なところでは使えるんじゃないでしょうか。 特に検証ルールを後から追加したり変更したりするのが楽なので、とにかく動くものを提供してだんだん作りこんでいくといった方法がとりやすい気がします。 Routingを用いたプロジェクトでは、ファイルの存在する場所とURLは基本的には一致しません。 こういうときForm認証の設定をどのように行えばよいかまとめてみます。 たとえば下記の記事で書いたようなサンプルを作成します。 ちょっと先取り Routing 4:その1 Page Route Handler このとき、Default2.aspxはサイト直下に存在していますが、Default2.aspxにアクセスするためのURLは Test/test/ です。 Form認証の設定はURLに対して行いますので、このような場合、testフォルダをサイト直下に作成し、そのフォルダにweb.configを置いて以下のように記述する、という手段が使えます。 これでtestフォルダを追加しなくても、 Test/test/ のようなURLに認証の設定を行ったことになります。 なおRoutingを利用していても、設定を変更しなければ、認証が必要なときはlogin.aspxファイルが呼び出されます。 Routingの利用にこだわりたい場合は、以下のようにauthentication要素でlogin Urlを設定します。 Routingを用いたプロジェクトでaspxファイルを直接指定した場合、標準では指定されたaspxファイルがそのまま表示されます。 たとえば下記の記事で書いたようなサンプルを作成してみます。 ちょっと先取り Routing 4:その1 Page Route Handler このとき、Default2.aspxはサイト直下に存在しています。 ここでデバッグ時に次のように直接Default2.aspxを指定してみましょう。 Test/Default2Default2.aspxが表示されますが、この場合Routingが行われているわけではありません。 当然Route Dataも取り出せない、というかそもそも設定されていませんので、場合によってはエラーになることが十分に考えられます。 このようなことがないように、直接aspxファイルを表示させない方法を考えてみます。 参考になるのはDynamic Dataプロジェクトです。 Dynamic Dataプロジェクトでは、Dynamic Dataフォルダ直下にweb.configがあります。 この中には以下のように記述されています。 これは、aspxファイルが直接指定された場合、ファイルが存在していたとしてもファイルが見つからなかった、というエラーを返す設定になります。 Dynamic Dataプロジェクトでは、この設定を使うことでaspxファイルが直接指定されておかしなエラーが発生することを防いでいます。 これにならって最初に作ったサンプルを修正してみましょう。 サイトのルートの直下にRoute Fileフォルダを作成し、Default2.aspxをRoute Fileフォルダに移動します。 また、Route Fileフォルダにweb.configファイルを作成し、上記と同じくHttp Not Found Handlerの設定を記述します。 それからGlobal.asaxファイルに記述されているRoutingの設定中のDefault2.aspxの位置を修正します。 Route Table. Add("test Route", new Route("test/", new Route Value Dictionary(new ), new Page Route Handler("~/Route File/Default2.aspx"))); このように修正すると、 Test/test/ のようにRoutingが利用される場合には正しく表示が行われますが Test/Route File/Default2このようにaspxファイルを直接指定した場合にはファイルが見つからないというエラーになります。 このHttp Not Found Handlerの設定はRoutingの場合だけでなく、直接ファイルを指定したときにそれを見せないようにする必要があるときに便利に使える設定です。 実際にマシンレベルでのweb.configをみると、Http Not Found Handlerを使った設定がいくつも記述されています。 ここで使い方を覚えておくといいかもしれません。 この記事は その1 その2 その3 その4 の記事を見ていることを前提にしています。 Route Parameterを用意すると、Data Source等のコントロールにそのままパラメータとしてRoute Dataを渡すことができるようになります。 ここでもweb.configの修正はあるのですが、その前にRoute Parameter.csファイルを追加します。 このファイルに以下のプログラムを記述します。 namespace Samples. On the next step select Customer ID, Company Name, Contact Name and Country columns (Figure 2).

Click on the “Advanced” button and check the “Generate INSERT, UPDATE and DELETE statements” checkbox (Figure 3). Now that you have configured the SQL Data Source control let’s bind it with a Grid View control. Open its smart tag and configure it as shown in Figure 4.

Just like we attached the Required Field Validator control to the Text Box, attach a Custom Validator to the Contact Name column. If you run the web form and try entering wrong value in the Contact Name column then you will see the error message displayed as before and the value will not be accepted by the Grid View control.

Set the Control To Validate and Error message properties to the appropriate values. Up till now we used the validation controls to validate Grid View input on client and server side.

Let’s proceed further by validating on the server side.

We will use the Custom Validator control for this purpose.

Double click on the Custom Validator control to go into the Server Validate event handler and write the following code in it. However, at times you many need more control and flexibility than that is provided by validation controls.